読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

自分の信じる日常をコツコツと築き上げていく。|映画「人生フルーツ」


どうも、佐田真人(@mst727)です。

僕の祖父はとても自転車が好きで、家に訪れたときはよく自転車に乗って、まだ見たことのない世界へ連れていってくれました。

僕が小学生のときのこと。その時は特に意識していなかったけれど、自分の"好き"にとてもまっすぐな人だったのだと思います。

昨日観た「人生フルーツ」が、ふと昔の記憶と重なりました。

f:id:mst727:20170514202928j:plain


いつか忘れてしまった本当の豊かさを求めて

まずは、ご紹介したいあらすじの一部を引用しておきます。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

引用元:作品解説 | 人生フルーツ(一部抜粋)

一見自給自足のスローライフに焦点を当てた映画だと思ってしまいますが、50年の歳月をかけて夢を形にしてきたお二人の物語でもあります。

急速に変化し続けるこのご時世、僕らはどうしてもすぐ目に見える結果を求めてしまいがち。

そして目先の豊かさに走ってしまう。それが一番簡単かつ、すぐに得られるものだからかもしれません。

でも決してそれは持続性があるものではなく、自分たちが本当に満たされることはないのだと、薄々気づいているはず。


自分の信じる日常をコツコツと築き上げていく

それでは「本当の豊かさ」を得るためにはどうすればいいのか。

そのアンサーともとれる言葉が、津端さんのお話しの中でありました。

「自分でできることを見つけてコツコツやれば、何かが見えてくる」

全てはこの言葉に集約されているなあと感じました。

自分の好きなこと、向いていること、そして大切にしたいこと。これらを形にしていくには時間がかかるかもしれない。

しかしそれを"時間をためて"やっていけば見えてくる何か。それこそが本当の豊かさなんじゃないかと。

そのために、今ある日常を愛でてあげる。そして自分の信じる日常をコツコツと築き上げていくことが大切なのだと思います。


最後に

こうして育んだ想いやひととなりは、モノや建物だけでなく、関わった人たちの中で生き続けるんだなあと。

映画を鑑賞し終わったあと、小学生の頃の祖父との思い出が重なったのは、まさに自分の信じる日常をコツコツと築き上げてきた人だからだと思います。

さて、改めて「人生フルーツ」は多くの方に観ていただきたい映画です。

特に若い方にはとても刺さる内容なので、この機会にぜひ観てみてください。

今日はこれにておしまい。 それではまた!

<追記>

数日経って「あ!」と思ったのが、実は少し前まで上映していた「パッセンジャー」も同じことを伝えている映画だったんじゃないかなあと。

SFとドキュメンタリーじゃ全く異なるし、パッセンジャーはどちらかというと地に足が着いてない方のお話かもしれない。

それでも今の現状を受け入れ、自分が非日常だと感じることを、自らの日常として形作っていく過程が描かれていた。

いや、そう決意するまでのお話だったかな。

何れにしても、映画の見せ方は違えど、どちらも本質的な部分では、同じことを伝えているように感じました。

こちらの映画もおもしろいので、スペース系のSFがお好きな方は、ぜひ鑑賞してみてください。