読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

いまを生きる僕たちに必要なのは、何も考えない時間である。


どうも、佐田真人(@mst727)です。

少し弱音を吐かせてください。

先週からずっと、なんだか変な疲れがたまってしまい、仕事以外で文字を見たくない状態が続いてました。

積読状態の本に読みたい記事のストック、挙げ句の果てにはfacebookやtwitterからも少し距離を置いてました。

自分が思っていた以上に無気力な状態が続いてしまったなあと。

そんな自分を救出してくれたのが、今日の本題である「何も考えない時間」について。

 

先週末のバーベキューがきっかけ

f:id:mst727:20170420005029j:plain

先週末の出来事、今仕事で関わっている事業部のメンバーと、千葉までバーベキューに行きました。

それはもう自然豊かなところで、まだ程よく人も少なく、とてもおしゃれなところ。

朝から野菜を収穫したり、お昼はバーベキューして、食べたらアスレチックで遊んだり(間違いなく自分が一番楽しんでいた自信ある)。

思う存分楽しんだのはもちろん(本当はこの出来事だけで1記事書きたいぐらい)、久しぶりに何も考えない一日でした。

この何も考えなかった一日があったおかげで、とてもリフレッシュできたんですよね。思考がクリアになったというか、気持ち少し身体が軽くなったような気がしました。

 

何も考えない時間を意図的に取ること

今思えば何も考えずに、思いゆくまま今を生きたのは、いつぶりだろう。

僕は考えごとが止まないタイプの人間なんですが、どうやらいつの間にか迷路に迷ってしまっていたのかもしれません。

今までいろいろと詰め込みすぎた結果、どこかパンクしちゃったんだろうなあと反省しつつも、改めて何も考えない時間は大切だなあと。

過多な情報量をインプットしようと自分に負荷をかけてしまったり、無理にアウトプットしようとしんどくなってしまったり...。

今のこの世の中、いろいろとバランスを崩してしまう理由はたくさんあります。

もし本当の意味での生産性を重視するならば、「何も考えない時間」を意図的に作り出すことが大切なのかもしれません。

 

最後に

良くも悪くも何かと考えなければいけない世の中であることは確か。

しかしそれと同時に、何も考えない時間も定期的に確保しておく必要があると感じました。

そのように常に余白を作っておくことで、本当に考えるべきときにしっかりと考え切ることができるのでしょう。

そしてこのバランスをうまく保っている人こそが、魅力的に感じる人なのかもしれません。

今日はこれにておしまい。
それではまた!