読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

アブラサスの「小さい財布」ひとつで気持ちが軽くなった。


どうも、佐田真人(@mst727)です。

身の回りの持ち物は、できる限り少なく、コンパクトに持ち歩きたい。それはこと財布に関しても同じ。

すこし前の話ですが、「マネークリップをやめた」という記事を書きました。

普段の生活にマネークリップを使っていた時期もあったのですが、まだまだ現金の使用シーンが多い生活に馴染まなかったので、今ではミニマルな財布を使っています。

コインケースやカードケース、三つ折り財布、いくつかの財布を転々としましたが、最終的にアブラサスの「小さい財布」に落ち着きました。

f:id:mst727:20170409160651j:plain

使い始めてもう2年近く経ちますが、現段階でのベストな財布です。

人は何か収納できるスペースを見つけてしまうと、ついその余白を埋めようと無駄なものをしまいがちです。

かといって全くスペースがないのも困ってしまいます。「小さい財布」はそのギリギリのラインを見事に突いている。

紙幣、小銭ともに十分入るスペースがあり、普段の生活であれば、全く問題ない収納力。

f:id:mst727:20170409160752j:plain

カードの収納スペースには、ポイントカード、銀行のキャッシュカード、クレジットカード2枚。そして運転免許証の厳選した5枚が入っています。

ありがたいことに、自宅の鍵も取り付けれるので、キーケースは不要。

すこしデメリットがあるとするならば、それは収納した紙幣に折りたたんだ跡がついてしまうこと。

券売機に紙幣を入れにくくなったり、お支払いの際に申し訳なくなってしまいます。

この点は、折りたたみ財布のコンパクトさとトレードオフです。まだ妥協できるポイントだといえるでしょう。

人が意識を巡らせることができる範囲は限られている。「小さい財布」を使うようになってからというもの、忘れ物とはおさらばできました。

最低限スマホと財布にさえ意識を向けておけば、案外どうにかなるものです。財布ひとつとっても、気持ちが軽くなるものですね。

今日はこれにておしまい。
それではまた!