TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

アラン・チューリングという逸材が成し遂げた偉業と生涯抱えた孤独。|「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」


どうも、佐田真人(@mst727)です。

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を観ました。実話に基づく映画は数あれど、久しぶりに余韻に浸ってしまった映画。

"考えさせられる映画"と言ってしまうと陳腐な表現になってしまいますが、たった2時間近くで、ある人の生き様を知れる映画は偉大だなあと、改めて感じました。

今日は忘れないうちに、自分の備忘録がてら、その感想を書き残しておこうと思います(ネタバレを含みます)。 

 

孤高の天才が成し遂げた偉業 

f:id:mst727:20170312210324j:plain

画像引用元:<公式>映画『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』オフィシャルサイト|大ヒット上映中

第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。

引用元:映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 - シネマトゥデイ

ドイツ軍の暗号エニグマ、解読不能と呼ばれた暗号を解いた孤高の天才「アラン・チューリング」 。

エニグマの解読により、戦争終結を2年以上早めることができ、1400万人の命を救ったとされています。

その後、アランは「チューリング・マシン」と呼ばれる、コンピューターの基礎をつくります。

しかし、それらの事実は英国政府により機密扱いとされ、50年以上も語られることはありませんでした。

 

天才ゆえの苦悩

エニグマ解読後も、ドイツ軍に解読したことを悟られないために、多大な犠牲者を出し続けてしまうアラン。

戦争に勝利するためのやむを得ない選択の連続、普通の人とは違う逸材であること、そして同性愛者だということ。

社会のマイノリティとして、孤独や苦悩を感じるには十分な理由でした。そんな彼の唯一の支えとなったのが「マシン」。

昔なくした学友でありアランの良き理解者であったクリストファー。彼はマシンを同じ「クリストファー」と名付けます。

「クリストファーをマシンの中で蘇らせたい。」

いま僕らが目の前にあるコンピューターを、ごく普通に使っていられるのは、もしかすると、アランがそう切実に願った結果なのかもしれません。

 

最後に

天才が天才たる故の悩みは、そう簡単に、理解できるものではないのかもしれない。

でももし、アランがあの時代に世の中に認められ、彼の想いを実現できていたとするならば、いまの世界はまた違った光景だったに違いありません。

映画のラスト、元妻である女性数学者のジョーンが、普通でありたいと望むアランに言葉をかけるシーンがあります。

その言葉がとても印象に残っているので、そのまま引用しておきます。この言葉は、彼が彼で入られた最期の言葉のように感じました。

あなたが普通を望んでも、私は絶対にお断り。

あなたが普通じゃないから、世界はこんなにすばらしい。

本当にそう思う?

私はこう思う。

時として、誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げるのよ


僕は彼のような天才に、一歩も及ばないような凡人である。それゆえに彼のような生き様に憧れを抱く瞬間すらある。

でも、もし、もし彼のように人生を削ってでも成し遂げたい何かが見つけられたとするならば、それはとても幸せなことだとも思うのです。

どうか皆さんにも、この映画を通して「アラン・チューリング」という一人の天才がいたことを知ってほしいと思います。

今日はこれにておしまい。
それではまた!