TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

佐藤オオキさんに学ぶ、モノをためない生活術。|「Casa BRUTUS特別編集 収納上手スタイルBOOK」


どうも、佐田真人(@mst727)です。

先日読んだ「Casa BRUTUS特別編集 収納上手スタイルBOOK」。

その内容の中で、世界的デザイナーの佐藤オオキさんが語られている収納術に共感した部分がありました。

それは「モノを全て見える状態にしておくこと」。今日はそんな収納についての考え方を少し書いてみようと思います。

 

目に見えない状態でモノを放置していると休眠状態になってしまう

まずは「モノを全て見える状態にしておく」理由について、佐藤オオキさんが本書で語られていた内容を、少し引用してみます。

家の中に置いてあるモノと思い出はリンクするもの。ある意味人はモノによって形成されているといっても過言ではありません。でも、ぼくはモノの影響を受けるよりも、常に自身の力で気持ちを更新していきたいんです。

そして「目に見えていないモノは不必要。そのまま忘れ去ってしまうのが怖い」と語る佐藤オオキさん。

まさに今を生きる人の言葉だと感じたのと同時に、とても共感できる内容でもありました。

多くのモノを持つということは、必要以上に労力を要します。ここで語られているように、モノの影響を受けすぎるんですよね。

特に普段目に見えない状態でモノを放置していると、使わないのにも関わらず、意識の対象となってしまう。

だからみんな断捨離をするわけです。不要なモノを捨てることで、モノに意識を向ける労力が軽減されるんですよね。

しかし前回の記事にも書いたように、意識の範囲は人それぞれ異なります。

その範囲が分からないでいると、結果的に休眠状態のモノが増え、また意識が捉われてしまう。

参照:誰もが「ミニマリスト」になる必要はない。「ミニマリスト」に感じる違和感とその正体。 - TOKIORI

 

意識の範囲を見える化する

「そんなこと言われたって意識の範囲なんて分からないよ」と思われる方もいるかもしれません。

そんな方にオススメの方法が、「モノを全て見える状態にしておく」ことなのかなと。

断捨離したとしても、みなさんがご存知のような、極端にモノが少ない「正真正銘のミニマリスト」にはなる方はごく少数だと思います。

大抵の人は、まだまだモノを収納する必要がある。それらのモノを見えないところに収納するのではなく、見えるところに収納してしまう。

そうすることで意識の範囲の見える化はもちろん、そのコントロールもしやすくなるんですよね。

何もそんなに難しく考える必要はありません。下記のような簡単なことから始めてみてもいいと思います。

  • 本は本棚に収納するのではなく、部屋の隅に積んでおく
  • 服は業務用ラックに収まる範囲でしか持たない
  • モノの定位置を決めておく

大切なのは、意識の範囲の境界線を知っておくことです。

これ以上増えたら買わないなど、自分なりのルールを定めることで、物をためないルールを作っていくといいかもしれませんね。

 

最後に

モノを断捨離した後に、またモノが増えてしまうという話はよく聞きます。

それはおそらく、意識の範囲のキャパを超えてしまったということなのでしょう。

もしそんな漠然とした不安を抱えている方は、ぜひ「Casa BRUTUS特別編集 収納上手スタイルBOOK」を手に取ってみてください。

様々な収納アイデアが書かれているので、ぜひ自分に合った収納術を探してみてください。

今日はこれにておしまい。
それではまた!