TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

LINEブログを始めてみました。

どうも、佐田真人(@mst727)です。

先日から芸能人だけでなく、一般向けにも開放された「LINEブログ」。

少し遅れて自分も「LINEブログ」を始めてみました。

lineblog.me

登録だけしておこうと思ったのですが、思いの外使いやすかったので、サクッと書いてみました。

ただ一昔前の自分だと絶対に始めてみようとは思わなかったなあと感じたので、そんな思いを少し書き残しておこうと思います。

 

LINEブログは感覚的にmixiやモバゲーに近い

完全に個人的な主観です。

LINEブログってどうも昔の「mixi」や「モバゲー」に感覚的に近いなあと、なぜか思ってしまうんですよね。

確か僕が高校生の頃だったと思います。あの頃mixiやモバゲーって誰もがやっていたと思うのですが、当時の僕は全く好きになれなかったんですよね。

よくモバゲーがどうこうって何かあるたびにモバゲーに誘われていたのですが、ずっと断っていたのを覚えています。

単純に当時の自分が流行モノを好かなかったのか、みんなそっちに夢中になり消費されてしまう側に回ってしまったと感じたのか。

今回LINEブログが話題になったとき、当時と同じ感覚が一瞬蘇ってきたんです。

 

流行りに飲み込まれてしまうあの感じが怖い

「消費される側」にならないためにずっと避けてきたのかもしれません。今でこそそういったことはないのですが、昔は新しい流行りに対して適切な距離感が掴めなかった。

特に周りを見ていて、本来向き合うべきものがそこにあるのに視線や気持ちは画面の中に、そんな瞬間が時折とても寂しかったのです。

そして自分も始めてしまえばおそらくこうなってしまうだろうと。大切な何かを見失う気がしてそういった流行りものはずっと避けてきたのだと思います。

おそらく今回のLINEブログで感じたのは、今までブログというものに興味を持たなかった人たちが話題にしているのを聞いて、昔と重なったのかもしれません。

 

最後に

今回LINEブログを使ってみた理由は、新しいものにまず乗っかってみないと、若い感性が失われていくと思ったから。

人間「でも、いや、だって」と何かと理由をつけて否定し始めると、どんどん時代に取り残されてしまう。

好きだと思ったら続ければいいし、なんか違うかもと感じたらやめればいい。

少なくともWebの世界に身を置いている限りは、積極的に新しいものには触れていけたいと考えています。

LINEブログの使い道はまだわかりませんが、twitterの延長線上のような感覚でそっと書いていければなあと。

LINEブログについて詳細を知りたい方は、こちらの記事も是非見てみてください。

ferret-plus.com

lineblog.me


今日はこれにておしまい。
それではまた!