TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

感情は伝染するものだからこそ、もっとその影響力を理解した方が良いっていうお話。


どうも、佐田真人(@mst727)です。

朝の通勤ラッシュや夜の満員電車、気持ちに余裕がなくイライラしてる人っていますよね。

その人が他の人とぶつかろうものなら、取っ組み合いが始まるという、なんとも情けない光景に何度も出くわすことがあります。

そんな人たちを見るたびに、この人たちは自分の発する感情がどれだけ周りに影響を与えているのか理解してないんだろうなあと思ってしまいます。

 

負の感情は伝染する

先日、朝の通勤ラッシュの中で体がぶつかったのが原因で取っ組み合いにまで発展してしまったサラリーマンがいました。

誰かが苛々したり、心無い人の舌打ちなどの何気ない動作をしてしまうことによって、その負の感情はこっちまで伝染してしまうんですよね。

そのせいでこっちまで力を奪われてしまうというか、負の感情の受動喫煙状態になってしまいます。

そんな負の感情を受けず、また自分からも発してしまわないように、以前にこんなツイートをしたのですが、今でもこれがベストだと思っています。

 

プラスの感情も然り

逆に僕がとても素敵だなあと思う人は、心に余白を感じられる人に加えて、いつもポジティブな感情を放っている人だと考えます。

下記のコカ・コーラのキャンペーン動画を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

これは極端な例ですが、笑顔、つまりプラスの感情も周りに伝染するんですよね。


Coca-Cola: Happiness starts with a smile

負の感情を発するもプラスの感情を発するも自分次第。どうせ発するのであればプラスの感情の方がいいですよね。

前回書いたキングコング西野さんの個展「えんとつ町のプペル展」では、まさにそんなプラスな感情が空間を満たしていました。 

今回一番伝えたかったのは、個展の雰囲気がとてもアットホームに感じたということ。

なんでそう感じたのかなあと思っていたのですが、その一つが西野さんとホームレス小谷さんの雰囲気がとてもポジティブに満ち溢れてたということ。

個人的には関西出身なので、関西弁が余計にアットホームに感じたというのもありますが、お客さんとの雰囲気がとてもポジティブなんですよね。

そのポジティブな雰囲気が会場全体に伝わっている。特にホームレス小谷さんの「それ最高やん」って随所に出てくるポジティブな言葉が最高に良かったです。

引用元:キングコング西野さんの個展『えんとつ町のプペル展』に行って感じたアットホーム感。#えんとつ町のプペル展 - TOKIORI

 

良くも悪くも感情がもたらす影響力は大きい

負の感情もプラスの感情も、周りにもたらす影響は大きい。それは普段の生活からでも思い当たることがあるんじゃないでしょうか。

では負の感情を発してしまう人と、それを受け流しプラスの感情を発することができる人の違いは何なのか。

それは詰まるところ「少しでも普段の暮らしに余裕を持てているかどうか」なんじゃないかと。

心の余白のスペースが狭ければ狭い人ほど、朝の通勤ラッシュや夜の満員電車で感情のピークに達してしまいやすいのでしょう。

心に余白持つ方法は何も難しいことではありません。

ちょっと朝早めに起きてみるだとか、ネガティブワードを言わないだとか、ほんの少しの一工夫で、ゆとりは生まれるものだと思います。

 

最後に

言葉やその時々の感情というのは、自分が何気なく発したことでも、周りにとってはそうでないことが多々あります。

そうならないためにも、自分の感情がどこに向いているのか、その感情が周りにどんな影響を与えるのか、一度考えてみるといいかもしれませんね。

周りももちろんそうですが、一番影響を受けてるのは紛れもない自分自身なので、自分も日々の言動や振る舞いを意識していきたいと思います。

今日はこれにておしまい。
それではまた!