TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

「同期っていいな」と思う瞬間。

どうも、佐田真人(@mst727)です。

先週の金曜に同期会を行いました。自分を含めて新卒メンバーは9人いるのですが、全員2014年からの新卒ということもあり「14卒会」って呼んでいます。

そんな14卒会でみんな集まるたびに、「同期っていいな」と思う瞬間があります。

普段あまり同期のことについて書いたことがなかったので、今回を機にすこし書いてみようと思います。

 

自分らしくいれる

同期と集まったとき、まず最初に感じるのは自分らしくいれること。

別に普段が自分らしくないということではなく、みんなで集まると自然と笑みがこぼれるんですよね。

それは僕だけではなく、みんなの顔もいつも以上にほぐれているというか、そんな瞬間を見たとき同期っていいなと思ってしまいます。

普段みんな仕事をするときは、何かしらの武具なり防具なり装備しているのですが、みんな集まるとその装備を全部外せるような。

どこか自然とリラックスできるんですよね。

実は、今の同期とは入社して初めて出会ったわけではなく、入社する半年前の内定者時代(確か大学四年の夏)から知り合いなのです。

そんなこんなで入社まで何かしらのプロジェクトを一緒にやってたこともあり、打ち解けるタイミングがとても早かったんですよね。

学生から社会人になるまでの過程も知っているからこそ、今の関係性があるのかもしれません。

 

同期は同僚?友達?いえいえ仲間です

僕の中で同期は、社会人である以前に友達という感覚が強いんです。でもただの友達ではなく、仲間のような感覚に近いのかな。

ドラクエで例えるならば、パーティそのもの。

皆それぞれの役割があり、強みや弱みを分かった上で、互いに補えてる感覚がとても良いんですよね。

そして感慨深いのが、今その同期と一緒に仕事ができていること。

三年前までは考えられなかったのですが、それぞれの専門領域の力を出し合って事業を回せているのはとても嬉しいことだなあと。

やはり初めての同期は、自分が働くと決めた最初の会社でしか出会えません。当たり前のことかもしれません。ただそんな当たり前がないという方もたくさんいます。

どちらが良い悪いではなく、働く最初の入り口として「企業で働くこと」を選び、最高の同期に出会えたのであれば、それはとても恵まれていることなんだと。

改めてそう思ったわけです。もちろん彼らなしでは今の自分の成長もなかったと思っています。

 

最後に

f:id:mst727:20161115005655j:plain

今回の14卒会は、今月同期の一人が退職することもあり、最後にみんなで集まろうということで集合しました。

「ついに来たか!」という感じでしたが、逆によく今までみんな欠けずに揃っていたなあと。笑

すこし寂しい気もしますが、またなんらかの形で一緒に仕事をできる日が来ると、勝手に思ってます。

今年もあと少しですね。今日書いたことは、壮大なひとりごととして見ていただければ幸いです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!