読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

毎朝着ていく服に迷わないために、私服のパターン化のススメ。

ライフスタイル


どうも、佐田真人(@mst727)です。

衣服を着るというのは、人生生きている間は毎日ずっと決め続けなきゃいけないことの一つです。

「なにを今さら、そんなのわかりきったことじゃないか」と思われる方もいると思います。

しかしこのシンプルな決断で毎朝消耗してしまっている人は、案外多いのではないでしょうか。

毎日の服選びは一つの楽しみでもありますが、それが365日ずっと続くと考えると、さすがに消耗してしまいますよね。

何より「朝はそんなにゆっくりしてられない!」という方も多いと思います。かくいう自分がそうなので、昔から私服をパターン化しています。

 

私服の制服化ならぬ、私服のパターン化

「私服の制服化」という言葉を聞いたことがありませんか?

ミニマリズムとよく並行して語られることが多く、簡単にいうと「毎日同じ服を着ること」です。

特にミニマリストと呼ばれる方は、厳選した数少ないバリエーションの服で生活する人が多いようです。

著名人でいうと、ブラックのタートルネックにジーンズ、ニューバランスが同じみのスティーブ・ジョブズや、いつも同じグレーのTシャツを着ているマーク・ザッカーバーグのお話は有名ですね。

しかし個人的には「私服の制服化」はハードルが高いと思ってしまいます。

毎朝服を選ぶストレスから解放されたいけど、いきなり毎日同じ服を着るというのも、なかなか勇気がいる行動だなあと。

それにファッションが好きな人だと、やはり自分の好きな服を着たいという気持ちはありますよね。

そんな方にオススメなのが「私服のパターン化」です。

 

私服のパターン化のコツはカラーにあり

「私服のパターン化」はその名の通り、上下セットで服のスタイルをパターン化することです。

一週間分のコーデをあらかじめ決めてしまうことで、好きな服を着つつも、毎朝迷う必要はありません。

もちろん服の整理をする必要はありますが、私服の制服化と比べて圧倒的にハードルが低いと思います。

そして、上手く自分のお気に入りの服をパターン化するポイントとしては、自分が服に求めるカラーバランスを明確にさせておくことが大切だと考えます。

これは完全に個人的な感想なのですが、持っている服が多くて毎朝服装に悩んでいる人ほど、見た目のカラーが散漫としているような印象を受けます。

カラーが多ければ多いほど、上下のセットやアウターとの組み合わせが難解になり、「どれにしよう?」状態に陥ってしまいます。

そうならないためにも、自分の主軸のカラーを決める。自分のスタイルの主軸となるカラーを決めることで、服装が自然とまとまってくると思います。

ベージュカラーを主軸とするなら、アウターとパンツはベージューに、シャツや靴はネイビー系の濃いカラーで分けるなど、カラーの相性を見てみるといいですね。

ここは自分がどんなスタイルになりたいのか、いま持っている服と相談して決めていくといいでしょう。

 

最後に

私服をパターン化ができると、服を買う際にもそのパターンを意識するようになるので、結局買ったけど全く着てないということにもなりません。

私服のパターン化は、毎朝のストレスをなくし、無駄に服も増えないという一石二鳥の方法なのです。

ミニマリストまではいきませんが、もし毎朝の服選びに悩まれている方がいれば、何かしらの参考になれば幸いです。

ミニマリストについては、こちらの記事にも書いています。ご興味があれば、ぜひ読んでみてください。

今日はこれにておしまい。
それではまた!