TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

年々健康診断の重みが増している。


どうも、佐田真人(@mst727)です。

今月受けた健康診断の結果が今日返ってきました。

今まで何の問題もなくオールAだったのであまり気にしてなかったのですが、とうとう「生活習慣の見直し及び改善を図りましょう」と通知がきてしまいました。

健康に気をつかう歳になってきたかと、通知を見ながら改めて思います。それにしても働き始めてからというもの、年々健康診断の重みが増している気がします。

今日はそんな特に何もないお話です。

 

昔は健康診断で気になる項目が違った

そもそも学生の頃の健康診断は、身長と体重、あと視力ぐらいしか見てなかったような…。

特に小学生の頃の健康診断に関しては、毎回「身長どうやった?」と競い合ってた記憶しかないですね。

ただ当時目が悪くなっていく一方だったので、視力検査だけはとにかく怖かったことを覚えています。

そこから働き始めるまでも、定期的に健康診断を受けてきましたが、診断の項目が増えても今までさほど気に留めていませんでした。

それもまだ自分の健康に自信があったからなのでしょう。

 

働き始めて健康が気になり始める

顕著に体調が変わり始めるのが、30歳前後といわれていますが、働き始めてからというもの、徐々に自分もその衰えを自覚しつつあります。

ほとんど体調は崩さないし、不調というわけでもないのですが、自覚があるくらい食生活に偏りがあり、運動不足も認めざるを得ません。

まだまだ内容的に深刻なものではないですが、このままいくと、間違いなくある年を境に急に降りかかってきそうなので、今から改善し始めようと思います。

まずは食生活と運動ですね...。

余談ですが、健康関連でいくとヨッピーさんが書かれていた「銭湯」も良さそうですね。

travel.spot-app.jp

近場にあるので一度行ってみようと思います。
 

最後に

今回感じたことは、健康診断に広告枠があれば、かなりの需要があるんじゃないかということ。

健康診断の結果を見ているときが、一番なにか行動しなきゃとピークに達しているときだと思います。

そんな中ジムのお試し無料券があれば「行ってみよう!」となるはずですよね。兎にも角にも健康診断の通知の威力は計り知れないですね。

なんてことを話しながらも、自分も行動しなきゃ思う今日この頃です。

恥ずかしながらまだまだ健康に関して知識不足なので、もしなにか「一人暮らしの食生活でこんなことに気をつけてるよ」みたいなアドバイスがあれば教えていただければ幸いです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!