読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

SIMフリー検討者の後押しになるか?初見で感じたLINEモバイルの魅力3つ。

ガジェット


どうも、佐田真人(@mst727)です。

先日5日、LINEから「LINEモバイル」というMVNO事業のサービスが発表されましたね。

公式サイトからサクッと内容を見てみたのですが、これめちゃくちゃ良くないですか...?

mobile.line.me


今までSIMフリーに興味はあったけど、なかなか踏み出せなかった方たちは、今とても心が揺らいでるのではないでしょうか。

ご多分にもれず、僕もそんな一人の人間です。今日はそんな初見での感想になりますが、なぜそう感じたのか書き残しておこうと思います。

 

月々10GBのデータ量で2640円、特筆すべきはカウントフリー

まず、月々10GBも使えて2640円。これだけで「安い」と感じたのですが、それよりもインパクトがあったのが「カウントフリー」と呼ばれるもの。

カウントフリーとは、データ量を使い切ってもLINE・facebook・twitterは問題なく高速で通信できるというもの。

このサービスのおかげで、通信制限がかかってしまい泣く泣くスマホを閉じてしまうことももうありません!

思い返してみれば、通信制限がかかってもなおアクセスしたいサービスは、確かに上記の3つに絞られるんですよね。

ちなみにデータ容量は、3GB・5GB・7GB・10GBの4つのプランから選べるので、それぞれにあったプランを組むことができます。

 

LINEのサービスという安心感

しかし、年々「MVNO」や「SIMフリー」といった言葉が身近になりつつも、まだまだ大半の方にとっては敷居が高いものだと感じます。

実際にSIMカードを提供している会社は多くあり、自ら調べようとする行動力がないと、なかなか比較検討できないのが正直なところ。

一方で「LINE」はどうでしょう。おそらく知らない方はほとんどいないと思います。

そんな「LINE」が提供するMVNOサービスとなれば、SIMフリーの見方も大きく変わってきます。

とっつきにくかったのが「ちょっと調べてみよう」と敷居の低さにつながり、「あのLINEだから」と安心感にもつながる。

だからこそLINEのアクティブユーザーは、これからどんどんにSIMフリーに移行していくのではないでしょうか。

気になるサポート体制も、普段使用しているLINEからそのままメッセージを送れるみたいなので、煩わしい対応はいりません。

 

何よりシンプルでキャッチー

LINEモバイル導入のメリット自体は上記で書いたものに集約され、プランも2つのみと非常にシンプルです。

つまりサービスの強みが非常にわかりやすく、SIMフリーに詳しくない人でもイメージしやすいんです。

それこそ、LINEモバイルが人を惹きつける一つの理由なのでしょう。

たとえ他社がサービスとして勝っていても、それがお客さんに伝わらないと結局何の意味もなさないんですよね。

LINEモバイルを初めて知ったお客さんが、サービスの内容をイメージできるかどうか。

それができるできないで、サービスの捉えられ方が大きく変わってくるのだと思います。

 

最後に

...とここまで書きましたが、実はまだ初見の感想です。

実際使ってみないことには内容の良し悪しは分からないので、SIMフリー端末に買い換えた際はぜひ使ってみようと思います。

兎にも角にも、今後MVNO市場の盛り上がりはどんどん加速していきそうです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!