TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

ブログ「TOKIORI」がきっかけで、3年ぶりに連絡をくれた大学の後輩のお話。


どうも、佐田真人(@mst727)です。

昨晩、一日の疲れが吹っ飛ぶくらい嬉しいことがありました。 大学時代、急に連絡が途絶えた大学の後輩から、約三年ぶりに突如として連絡が来ました。

しかもなぜかインスタグラムに...。笑

突然の連絡に少し驚きましたが、久しぶりにコミュニケーションがとれ、とても嬉しい気持ちになりました。

今日は、ひょんなことから三年ぶりに連絡をくれた、後輩のお話です。

 

心のどこかで気にかかっている人はいる

今まで出会った人の中で、「あの人は今どうしているのだろう」と、ふと頭によぎることがあります。

東京で働き始めてからというもの、どうしても昔の仲間とは疎遠になりがちなのですが、時折そんな人たちを頭に思い浮かべては、「そのうち会えるだろう」と自分に言い聞かせる。

そんな瞬間、常に心のどこかで少し気にかけている人がいるのだなぁと、改めて思うわけです。

だからこそ今回のように、連絡をくれた後輩がいるというのは、とても嬉しかった。

 

連絡をくれたきっかけは、ブログ「TOKIORI」を読んで

大学時代はいろいろと話すことが多かったのですが、突然見かけることがなくなった後輩。

大学をやめてしまったのか、ちゃんと人生を楽しんでいるのか、僕が大学にいた頃、時折そんなことを考えていましたが、在学中はとうとう後輩に会えることなく、卒業してしまいました。

それから三年後。突如として、後輩からインスタグラムの写真にコメントが届きます。

まさかこのシチュエーションで、初めてインスタグラムのダイレクトメッセージを使うことになるとは、全く思いませんでした。笑

連絡した背景を聴いて、さらにびっくりしたのですが、こんな背景があったようです。


後輩:偶然旅ブログを見てて、最初は真人君と気づかなかったですよ。「写真綺麗やなー、文章読みやすいなー」って最後まで読んでたら「外大卒」、え、真人君やん!!みたいな。笑

 

いろんな旅ブログを見ていて、偶然このブログにたどり着いたらしいのですが、これを聴いて、驚いたのと同時に嬉しいなぁと。

自分が記事を書いてなかったら、もしかしたら今回の連絡はなかったかもしれない。そう考えると、このブログで記事を書いていて良かったと、改めて思いました。

 

最後に

実は、それ以上に嬉しかったことがもうひとつ。

在学中、もともとアパレル企業で働きたいという理想があった後輩。当時はいろいろと悩みながらも着実に歩を進めていく姿が頼もしかったのを覚えています。

そして今回、三年ぶりの近況報告で、なんとそのアパレル企業の店長にまでなっていました。

大学時代から時が止まっていたので、そのスピード感に驚きながらも、めちゃくちゃ嬉しかった...!

時間も遅かったので、あまり長く話すことはできませんでしたが、この夏、東京に来るそうなので、積もる話はその時にでも、ゆっくりお話できればと思います。

今日はこれにておしまい。
それではまた!