TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

【香港】街の喧騒からほっと一息、香港のレトロなスタバに行ってみた。


どうも、佐田真人(@mst727)です。

街を歩いていると、ふと立ち寄りたくなるのがカフェ。香港では、街のいたるところにチェーン店があるので、あまり探すのには困りません。

それはスターバックスも同じ。

世界中にあるスターバックスですが、国や店舗によって、内装やメニューが異なったりするところは、チェーン店ならではの面白さ。

香港の街を存分に歩いた夕暮れどき、休憩も兼ねて行ってみることに。

ただ「日本と全く同じ感じのカフェは...」という気持ちもあったので、ちょっとした観光スポットにもなっているらしいスターバックスへ。

今日はそんな一風変わった、レトロなスターバックスを少しご紹介。

 

レトロなスタバがある通りは、ちょっとした撮影スポット

噂のレトロなスターバックスは、中環(セントラル)の中心街から少し外れた、ダデル・ストリート(都爹利街:Duddell Street)にあります。

f:id:mst727:20160416151125j:plain


この石段は、撮影スポットになっており、僕が訪れたときも、モデルの撮影をされていました。

f:id:mst727:20160416150744j:plain

夜になると、4つのガス灯に灯りがともされ、また明るいときと雰囲気が変わるので、夕暮れ時に訪れてみると良いかもしれません。

この石段の真ん中にちょうど店内の入り口があるのですが、外から見てみると、一見普通のスタバに。

f:id:mst727:20160416150652j:plain

それでは、店内を覗いてみましょう。 

 

店内の奥に広がるレトロな空間がそこに

入ってみると、思いの外静かな空間で、街の中心にあるカフェと比べると、少し落ち着いた空間が広がっていました。

f:id:mst727:20160416171151j:plain


気になるレトロな空間は奥半分に。ゆったりと話せるソファー席は手前に。しっかりと空間が分けられているのが特徴的。

f:id:mst727:20160416171800j:plain


60〜70年代の香港の喫茶店「冰室」を再現した空間は、まるで「ALWAYS 三丁目の夕日」を彷彿とさせるような雰囲気。

f:id:mst727:20160416174515j:plain


メニューも所々に手書きで書かれており、昔ながらの喫茶店の空間を演出しています。「古き良き...」が日本でも人気を博していますが、それは香港でも同じなんだなぁと。

f:id:mst727:20160416173827j:plain

 

ちょっと休憩したい時にちょうど良い空間

f:id:mst727:20160416172433j:plain

もっと騒がしい空間を想像していたのですが、思いの外静かで、ゆっくりと話せそうな空間でした。街の外れにあることから、一層そう感じるのかもしれません。

レトロなスペースには、数名で来られている方が多く、入口手前のスペースには、何かしらの作業に没頭されている方が多かったです。

ちょっと休憩したいときは、意外と立ち寄ってみてもいいかもしれません。ただし、奥のボックス席などは、座っているとお尻痛くなってくるので、入口手前のソファー席を確保することをオススメします。

f:id:mst727:20160416172725j:plain 

 

最後に

冒頭にも書きましたが、こういったチェーン店は、国よってメニューや内装が異なったりするので、日本との違いを探してみるだけでも面白いです。

中心街から外れていると言っても、そこまで遠くないので、夕暮れどきにぜひ、立ち寄ってみてください。

実はもう一つ、香港のスタバで気に入った店舗があったので、そこについても近々、書いてみようと思います。

 

StarBucks Duddell Street

  • 住所:Shop M2, Mezzanine Floor, Baskerville House, 13 Duddell Street, Central    
  • 営業時間:7:00~21:00
  • アクセス:MTR中環站出口Kから徒歩10分


今日はこれにておしまい。
それではまた!