TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

「隠居系男子夜会」に参加して感じた、隠居系男子の奥深さと、隠居系の新たな可能性。


f:id:mst727:20160228190400j:plain

どうも、佐田真人(@mst727)です。

先日、根津にて密かに開催された「隠居系男子夜会」に参加してきました。

どんな話になるのか、どんな雰囲気になるのか、個人的に楽しみなイベントだったのですが、予想以上に濃いお話が皆さんとできました。

参加メンバーのじゃっくさんがツイートされていた内容が、そのまんま当てはまったイベントだったので、引用させていただきます。
 


文字通り、お昼休みに机を寄せ合って、共通のテレビ番組の感想を言い合うみたいな、どこか少し青春めいたイベントになったのかなと。

テーマが「テレビ番組」ではなく「ブログ」っていうのも、なかなかなかったので、とても新鮮な体験ができました。

さて、今日はそんな「隠居系男子夜会」について感じたことを、少し書いておこうと思います。

 

「隠居系男子夜会」とは?

f:id:mst727:20160228190608j:plain


「そもそも『隠居系男子夜会』っなんぞや?」ってツッコミが入ってきてもおかしくないので、「隠居系男子夜会」の概要を引用しておきます。

平日の午前中に毎日更新される「隠居系男子」というブログがあります。運営しているのは、鳥井弘文さん。


訪日外国人観光客向けweマガジン「MATCHA」の立ち上げを行ったり、これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」を運営する株式会社waseiの代表だったり、その他にも多方面でご活躍されている方です。


今回は、隠居系男子を毎日読んでいる読者による読者のためのプチオフ会を行います!

隠居系男子に影響受けた人たちは数知れず…。今回、「オフ会をやろう!」と手を上げた人たちも、間違いなく隠居系男子から得たメソッドを活用しています。

このオフ会では、特に落とし所をつけるわけではありません。隠居系男子の好きな記事や影響を受けた内容などを自由に語り合い、読者同士で楽しく過ごせたらいいなと思っています。

隠居系なそこのあなた!一緒に隠居系男子を語らいましょう!

 

引用元:隠居系男子夜会 | Facebook

参照:隠居系男子

 

「隠居系男子」の奥深さ

基本的な話の内容としては、「隠居系男子」を知ったきっかけから始まり、影響された記事や印象に残っている記事をピックアップし、自分の体験を交えて話すっていう感じで行っていきました。

それぞれ当然バックグラウンドも、活動しているフィールドも異なるので、記事の解釈であったり、記事に対して感じることも人それぞれ。

そんな中で、この記事についてどう思ったのか。皆さんが自分ごととして咀嚼されて話されていたのが、とても印象的でした。

そして、今回改めて感じたのが、隠居系男子の奥深さ。

書いている内容のバラエティの豊富さもそうなのですが、しっかりと自分たちが考える余白を残しておいてくれる。

「僕はこう思うけど、あなたはどうですか?」って問いかけられてるような、ちゃんと自分が考える上で必要な土台を、用意してくれているような気がします。

答えを出すことは一筋縄ではいかないけれど、自分なりの回答を探していく過程によって、それぞれの最終的なアウトプットが異なってくる。

繰り返し読んでいくたびに、その読者の色に染まっていくような「奥深さ」を、鳥井さんが書かれる「隠居系男子」から感じるといっても過言ではありません。

だからこそ今回、学生の時にセンスの合う仲間と語ったような時間を過ごせたんだろうなぁと。

 

隠居系の新たな可能性

今回、こうして隠居系の皆さんと集まれたのも、リアルなイベントをきっかけに知り合い、一緒に企画できたからなのですが、それまでは「普段『隠居系男子』を読んでいる隠居系の方ってどこにいるんだろ?」って思っていました。

なかなか身近な人と「隠居系男子」について話す機会がないので、今回こうして「隠居系男子」というコミュニティから一つ、小さいながらも読者の方とこうしてリアルイベントとして形に落とせたのがとても良かったなぁと。

そして今回の企画から、「次回はこういう企画はどうですか?」と皆さんと話せることに、新たな可能性を感じずには入られませんでした。次回は、ツイキャスやらリアルイベントにもつなげていけたらなぁと思っています。

 

最後に

「隠居系男子について、身近な人と話すことって今まで全くなかったので、今回普段漠然と考えていることを、こういった場でアウトプットできたのは、本当に良かったです。

今回、「もてなし屋 根津」というスペースを貸してくださった、管理人のいわさきさんが、各々がピックアップして語った「隠居系男子」の記事をまとめてくださったので、最後に、引用させていただきます。

柏手が上手な人に憧れる。
http://inkyodanshi21.com/japan/7838/

次世代を生きる若者が、好きなモノに囲まれた人生を送るための唯一の方法。 
http://inkyodanshi21.com/blog/3619/

人間、毎日続けられるのは、愛と呪いだけ。
http://inkyodanshi21.com/lifestyle/8612/

佐久間裕美子著「ヒップな生活革命」を読んで。僕らはもうアメリカの真似をするべきじゃない。
http://inkyodanshi21.com/books/5579/

反日デモ最大級のあの日、僕は北京日本大使館の前にいた。 
http://inkyodanshi21.com/asia/china/2522/

圧倒的にダサイくらいミーハーにならないと、本質は見抜けない。 
http://inkyodanshi21.com/lifestyle/4832/

毎日ブログを書くためには自分なりの型が必要。アイディアを型に流し込むとき、そこに“考える時間”が生まれる。
http://inkyodanshi21.com/blog/8381/

真のグローバル化とは、徹底的に日本の原風景を理解すること。 http://inkyodanshi21.com/books/3407/

なぜ若者は海外を旅したほうが良いのか。
http://inkyodanshi21.com/books/6008/

毎朝窓を開けるということ
http://inkyodanshi21.com/lifehacks/3797/

25歳以上で仕事(人生)を楽しみたい独身男女には、ドラム式洗濯乾燥機が断然オススメ。
http://inkyodanshi21.com/lifehacks/8238/

丁寧な暮らしとは「自分の洗濯物をたたむ時間がある」ということ。 
http://inkyodanshi21.com/lifestyle/6207/

ブログの書き方
http://inkyodanshi21.com/blog/4790/

ひらがなやカタカナのハンドルネームではなく、本名(漢字)を選んだ理由。 
http://inkyodanshi21.com/blog/7791/

大学生の感度の高さは尋常じゃないんだから、違和感も大切にした方がいいよというお話。
http://inkyodanshi21.com/lifestyle/7235/

若者の道にしたい欲求、それは後世に残すための手段としてなのかもしれない。 
http://inkyodanshi21.com/lifestyle/8590/

全くジャンルの違う大人同士で仲が良いのは、隣の芝生が青く見えているわけではなく、その戦術やセンスに共感するから。
http://inkyodanshi21.com/lifestyle/8643/

Podcastは寂しいとき、オーディオブックは孤独になりたいときに聴く。暮らしメディアと現実逃避の関係性。
http://inkyodanshi21.com/audiobooks/8434/

【もとくら読者座談会】男子大学生4人が探る「かぐや姫の胸の内」|前編|灯台もと暮らし|note
https://note.mu/wasei/n/n115d36f98836

無名な一般人のぼくが女性セブンのいちご特集を監修できたのは「隠居系男子メソッド」を一年間実践したから
JIBURi.com http://jiburi.com/josei7/

発酵デザイナー、小倉ヒラクさんのサイト
http://hirakuogura.com/

TBS RADIO 文化系トークラジオ Life
http://www.tbsradio.jp/life/index.html

ハマれないふたり
http://www.p-labo.biz/hamarenai/

荻上チキ・Session-22: ポッドキャストアーカイブ http://www.tbsradio.jp/ss954/podcast/

TBS RADIO TBSラジオ 東京ポッド許可局
http://www.tbsradio.jp/tokyopod/


改めて見ると、思った以上に多かったですね...。笑

その他にも、それぞれが普段読んでいるブログの話や、そもそものブログの捉え方、発酵デザイナー、小倉ヒラクさんのお話やオススメのPodcastなどなど、多岐にわたっていろいろなお話もできました。

次回はどんなお話ができるか楽しみです。

今日はこれにておしまい。
それではまた!