TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

社内でも、社外でも、朝活のススメ。


f:id:mst727:20160117182430j:plain


どうも、佐田真人(@mst727)です。

先日の早朝、社内で開かれた「朝活(読書会)」に参加してきました。

弊社の各事業部のメンバーが集まり、「ライトな相互理解も兼ねてやってみよう」と開かれた企画なのですが、それが思いの外、良かった。

今回は、そんな朝活に参加して感じたことを、少し書いておこうと思います。

朝活の内容については、今回の主催である新卒の、滑舌コンサルタント見習い(@Katsuzetsueigyo)が書いてくれてるので、ご興味のある方はぜひ、以下の記事からご覧ください。

参照:朝活のススメ① - 滑舌コンサルタント見習いの備忘録

参照:朝活のススメ② - 滑舌コンサルタント見習いの備忘録

朝活は、一日を気持ち良く始めるためのウォームアップ

早起きすることの意義みたいなものはよく聞きますが、実践してみるとなかなか継続できない…。でも、何かしらの予定が入っていると、朝が辛くても必ず早起きします。

いざ早く起きてみると、やっぱり「早起きしてよかったなぁ」と思うもの。その日一日、余裕をもって活動できるというか、気持ち良く一日を始めることができるんですよね。

そして朝活も、そんな有意義な一日を迎えるためのきっかけであり、一日を気持ち良く始めるためのウォームアップなのかなと。早朝は眠たくても、朝活で人と話す頃には、すっきりとした状態で、アウトプットする態勢が整っています。

そして、一日の本番を迎える頃には、ポジティブな状態で何事にも取り組むことができる。朝活は、まさにそういった状態まで慣らす、準備体操みたいものなのだと思います。 

 

本は、その人の考え方や興味関心が表れるもの

今回は、普段読んでいる本の傾向や内容、また、各々の読書法をテーマにディスカッションしました。

普段、「本」という共通項があるにも関わらず、自分が読んだ本について、誰かに話すことってあまりないので、改めて、事業部を跨いで、他の人がどんな本を読んでいるのか知ることができたのは、とても新鮮で良かったです。

それぞれ、本を手にとるまでのストーリーがあり、その背景を知ることで、その人の考え方や興味関心を、少し垣間見ることができました。読書法も、人によって様々だったので、もっといろんな人の話を聞いてみても、おもしろいのかなと。

自分の読書法や読んでいる本の傾向や内容とかも、また機会があれば、紹介できればと思います。

最後に

このブログでは、よく「相互理解」がテーマに上がってくるのですが、組織に属している以上、やはり避けられない課題の一つでもあります。

弊社でも、様々な形で「相互理解」に取り組んでいるのですが、朝活に参加してみて、改めて相互理解にも、様々な形があるなと感じました。

当たり前といわれれば、当たり前のことなのですが、「読書」という共通のテーマを通じて図る相互理解は、その他にもいろいろとヨコ展開ができそうだなと。

こういう企画は一回やって何か変わるわけでもなく、なかなか継続が難しいもの。しかし、まずはやってみようと企画した新卒メンバーが、頼もしくもあり、自分が協力できることはどんどんしていきたいなと思う、今日この頃です。

過去の相互理解をテーマにした記事も、またご覧ください!

相手を知ること、自分を知ってもらうこと、そこからが相互理解の始まり。 - TOKIORI

相互理解を深めるなら、お互い好きなことや体験してきたことをプレゼンする場を設けてもいいんじゃないかっていうお話。 - TOKIORI

大人になってからの合宿のススメ。 - TOKIORI

今日はこれにておしまい。
それではまた!