読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

相互理解を深めるなら、お互い好きなことや体験してきたことをプレゼンする場を設けてもいいんじゃないかっていうお話。

ワークデザイン


f:id:mst727:20151129194010j:plain

佐田真人(@mst727)です。

先日、社内のエンジニア間で行なわれているTGIFに、少しだけお邪魔してきました。「TGIFってなんぞや?」という方も多いと思うので、以下引用しておきます。

TGIFとは、「Thank God, It's Friday.」(ありがとう神様、今日は金曜日だ)という意味で、 毎月末の金曜日にお酒を飲みながら登壇者が「最近の業務内容」「気づき・発見」「相談」を発表(LT)し、開発部メンバーに共有、解決するというものです。


参照:第1回TGIF LTを開催しました!

TGIFの様子を一部見させてもらったのですが、リラックスした雰囲気ながらも、意見交換が活発に行われ、内容としてもとても良かったです。

ちょうど先日、社内のメンバーとのやりとりで、このTGIF LTを、営業やディレクター陣などの職種でもやるのはどうだろうという話もあったので、今回はそんな話の中から、感じたことを書き残しておこうと思います。

 

そもそもお互いを知る機会ってあんまりない

会社って学生の頃と比べると、思った以上にお互いを知る機会が少ないなと。お互いを知る機会があるといえば、ランチタイムだったり、飲み会だったり、どうしても限られてくるのかなと思います。

同じ部署にいたとしても、どうしても業務ベースのやりとりが中心となってしまい、相互理解は二の次、三の次になってしまうことが少なくありません。
部署が異なるとなると、尚更同じ空間にいない限り、顔を合わすことがなく、そもそもお互いを知る機会自体があんまりない。

だからこそ、相互理解を図るための工夫って至るところで行われてると思うのですが、それこそTGIFのように、目的を相互理解とおくのならば、その人の考えや想い、そして「実はこういう人だったんだ」と、プレゼン形式で知れること自体が、結構貴重なことなんじゃないかなと、改めて気づきました。

 

みんなもっと自分のことを知ってもらいたいし、話したい

先日、先輩と同期でランチに行ってきたのですが、その中で印象的だったのが、やっぱりみんな自分の好きなことや、経験してきたことを話している時、すごくイキイキしてるということ。話してる側も熱を込めて話せるし、聞いてる側も少しポジティブな気持ちになれる、とてもいい空気感が漂ってるなと。

そして何より、「この人実はこんな体験してたんだ」とか、「こんなことが好きだったんだ」、と改めて知れたことで、「今後〇〇のことを聞くなら、〇〇さんに」、と無意識に意識付けされたと思うんですよね。そういうのっておそらく、社内メンバーの自発性を高める意味でも効果的だと感じるし、その繰り返しが、社内にプラスの良い循環作用をもたらすのかなと。そしてそれが全体的に広がり、より活性化していくことで、イキイキした会社になっていくのかなと思います。

 

最後に

相互理解の全てはコミュニケーションから。相互理解のきっかけである、コミュニケーションの場を創ることで、お互いを知る機会はどんどん増えていくのかなと。

何はともあれ、TGIF LTがすごく良かったのと、それを他の職種にも横展開してみたら面白いんじゃないかと考える、今日この頃です。

今日はこれにておしまい。
それではまた!