TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

「ジュラシック・ワールド」たまにはド迫力の映像と音響を、映画館で体験しませんか?

f:id:mst727:20160528184633j:plain

画像引用元:映画『ジュラシック・ワールド』公式サイト

先日、久しぶりに映画を観てきました。普段はDVDで観ることが多いのですが、今回ばかりはどうしても映画館で観たかった!

そう、今話題の「ジュラシック・ワールド」。

前作の「ジュラシックパーク」、「ロストワールド/ジュラシックパーク」、「ジュラシックパークⅢ」を含めるともう何回観たか分からないぐらい。

ストーリー的には毎回同じ、展開もあらかた予想はつく。それでも観たらワクワクするこの映画。

新作を観ないわけにはいきません。しかも今回は人生初の3Dで観てきました。

※以下、少々ネタバレあり

 

『ジュラシック・ワールド』の見どころ

①ジュラシック・パークの要素が所々に

「ジュラシックパーク」の22年後が舞台の今作。劇中にジュラシックパークのロゴや廃墟が出てくるなど、ところどころに前作の要素が散りばめられています。

そもそも前作で叶わなかった「ジュラシックパーク」が現実となり、すでに世界中から観光客が訪れる「ジュラシックワールド」としてオープンしているところが、今までの作品と異なり、ワクワク感満載。

ザックとグレイ兄弟が施設を楽しむ姿を観ているだけで、そこに行きたい気分になるし、テーマパーク自体これといった未来感はなく、むしろ十分現実的にありえそうです。

 

②ただの恐竜映画にあらず、各登場人物や恐竜のストーリーも

ザックとグレイの兄弟愛や家族との関係性、オーウェンとクレアのやりとりなど、数々のヒューマンドラマ的要素が含まれていたり...

一方で、テーマパークの観客数をさらに増員するため、遺伝子操作を行い、恐ろしい恐竜を創造してしまったり、調教されたラプトルを生物兵器として利用する者が現れたり...

人間のエゴが垣間見えるなど、サスペンス的要素から観るのも面白い!

今回は単に恐竜が暴走するだけでなく、恐竜と人間、恐竜同士のコミュニケーションなど、必ずしも恐竜だけが悪役ではなく、時折見せる恐竜の人間的な部分がいろいろと考えさせられます。

 

③最後はなんといっても登場する恐竜たちの迫力

映画館かつ3Dで観たのは、なんといっても登場する恐竜たちを、ド迫力の映像・音響で楽しみたかったから。

普段、どうしても小さい画面で映画を観ることに慣れてしまっているので、自分が本当に映画館で体験したいと感じた映画は、映画館で観るようにしています。

ジュラシックワールドも、新作が発表されたときに「絶対に映画館で観たい!」と思った映画の一つ。

なかでも予告編で公開されている、モササウルスのプールショーは迫力満点です。出てくると分かっていながらも感じるこのドキドキと恐怖感。

迫力のあるシーンを詰め込んだ今回の作品は、「ジュラシックワールドはそうでなくちゃ!」と恐竜映画ファンも納得の作品だと思います。

 

最後に

久しぶりの映画館に人生初の3D、ジュラシックワールドを思う存分楽しめました。

やはりこういうワクワク感とか高揚感は、実際足を運んで体験してみないと分からないもんだなと思います。何か気になる映画があれば、これからも足を運んで観にいきたいです。

ご興味のある方はこの機会にぜひ、映画館で体験してみてください!