TOKIORI

心地よい暮らしや理想的な働き方を模索する。

人は誰かに必要とされることでポジティブになれるっていうお話。

フランチャイズ事業部の新規営業として働き始め、一年ちょっと。今週からガジェット事業部の新規営業として働くことになりました。

今回異動したきっかけとしては、弊社の代表から直々に「ガジェット部のメンバーとして働いてほしい」とお声がけいただいたこと。


今回お声がけいただいた理由としては、

  • 今成長分野にある新規営業として、成長を加速させ、売上を作ってほしい
  • ファッションやトレンドに対する興味や感性を活かし、働いてほしい
  • 同じ同期のメンバーと切磋琢磨し、より良い相乗効果が生んでほしい


などなど…。

以前からメンバーが、「佐田をメンバーとして入れたい」と代表に話してくれていたことも聞き、そのチームにジョインできて嬉しく思います。

 

今回の異動を機に、改めて感じたこと

今回の異動を機に、改めて感じたことがあります。それは「誰かから必要とされること」の大切さ。

自分自身、前の事業部で働いていた一年間は、全く結果を出せず、そんな自分が恥ずかしくなり、その場から逃げ出したいと思うこともしばしば...。

そんなとき社内の先輩から、「佐田を必要とする人は必ずいる」と言われ、自分自身もそう思えたことで、少し前向きになれました。

今回の異動後、「なぜ自分を必要としているのか」、「自分に期待することはなにか」をしっかり伝えていただき、「佐田の個性を存分に出して働いてほしい」と言っていただいたことは、とても励みになっています。

 

人は誰かに必要とされるとポジティブになれる

今回の体験から思ったことは、人は誰かに必要とされると嬉しい気持ちになるし、自然と頑張ろうと思えるということ。

なにより自分を信頼してくれてるんだと思うと、自発的に行動を起こしたいっていうポジティブな気持ちが生まれるのかなと。

そうプラスに思えることって、実はとても大切なことなんじゃないかと、今回再認識しました。

最後に

今回の異動の経験から、今後自分が誰かを率いるようになったときは、その人の痛みやその人の目線を忘れない人でありたい。

そして「僕は君を必要としている。君に期待することは…」としっかり話せる人でありたいと思いました。

来週からガジェット事業部の一員として、本格的に始動していきます。